HOME>ホットトピックス>後悔せずに中古一戸建てを購入しよう【注文住宅と分譲の違いを知る】

後悔せずに中古一戸建てを購入しよう【注文住宅と分譲の違いを知る】

住宅模型

注文住宅と分譲住宅の違いについて

注文住宅は土地探しから始めて自分の要望に沿った家を建てることができます。間取りから全て決めなくてはならないので時間はかかりますが希望通りの家になります。分譲住宅はすでに建ったものや建築計画の決まったものを購入します。決まったものを購入するのでスピーディーに進められます。ある程度希望にかなうものが見つかれば楽に一戸建てを手に入れられます。

中古一戸建ての購入で失敗しないためのポイント

住宅模型

慌てずに検討する

売り主や仲介業者から急かされることがありますが惑わされずにゆっくりと検討しましょう。多くの方にとって一緒に一度の大きな買い物になるはずです。先に買われてしまったらご縁がなかったと思うくらいのつもりで選ぶ方が後悔しません。物件の数は思ったよりもたくさんあります。しっかりと探して損はありません。

第三者に入ってもらう

万が一の事態に備えて仲介業者と売り主以外の人に入ってもらうことを意識しましょう。購入希望の建物に重大な欠陥がないかは専門家による住宅診断でわかります。売り主の情報が正しいかを確認する手段にもなります。売買契約も知らない間に不利な条件が盛り込まれていたりしないように司法書士などの専門家に診てもらうのが安心です。

住宅ローンのタイミングに気を付ける

住宅ローンは金額が大きいだけに審査や上限額が金融機関によって大きく変動します。重ねて審査自体にも時間がかかります。購入契約を結ぶ段になってローンの契約が間に合っていない事態を避けるためにも売買契約を締結したら速やかに申し込みをしましょう。いざやろうとするとどうしても時間がかかります。事前に調べておくのが賢い選択です。

リフォームは必ず相見積を取る

購入した中古一戸建てを住む前にリフォームするときは必ず複数業者に相見積を取りましょう。業者によって施工方法や使う材料が異なるので驚くほど差が出ることがあります。できる限り金額根拠を聞いておけると比較検討もしやすいでしょう。また足元を見られて法外な値段を出されることの防止にもなります。