新築一戸建ての魅力とは

誰もが夢見る新築一戸建ては自分ならではのこだわりを入れられる点で人気があります。長く住む家の雰囲気にはしっかりと作っておきたいところです。またマンションに比べて資産価値が高いものでもあるので自分の子供や孫の世代にまで財産を残すこともできます。

注文住宅が選ばれる理由ランキング

住宅模型
no.1

自分好みの家が建てられる

建売住宅で自分の希望にぴったり合ったものを探すのは至難の業です。注文住宅なら自分のライフスタイルに合わせてぴったりな間取りを作ることができます。リラックスする場、仕事をする場など目的に選んで部屋を設計するのも面白いです。設計範囲には庭も含まれるので、窓から見える風景にこだわりを持ってもいいでしょう。

no.2

将来設計に合わせられる

子供ができた時の子供部屋を、行く行くは老後の自分たちの部屋にするなどライフステージに合わせた部屋を見越すことができます。あらかじめバリアフリーにしておくと段差が減り通路幅も広くなるので日常も過ごしやすくなります。全てを想定するのは難しいですが自分の望むイベントに必要な設計を考えておきます。

no.3

デザインにこだわれる

伝統的な建築や洋風な建築など雰囲気を選ぶことができ、実際にどういったデザインがそれを体現するかを工務店は考えてくれます。予算や工期の都合で調整は必要ですがいったんは希望を全て伝えてしまいましょう。もちろん組み合わせた設計も可能です。和風や洋風などのジャンルにとらわれすぎず思い描いたものを伝えるのがポイントです。

no.4

建築の過程を見られる

家が完成してしまうと見えない部分ほど、残念ながら手抜き工事が頻発してしまう箇所です。新築で建てる過程を都度確認することができれば自分でそのリスクを回避できます。注文住宅の場合はいつでも依頼主が見に来られる緊張感があるので万が一悪い工務店に当たってしまった場合も痛い目にあわずに済みます。

no.5

アフターケアまで考慮できる

家を長く綺麗に維持するならある程度の期間が経った後、修繕工事が必要になります。後から修繕することまで考慮に入った設計を依頼しておくと足場が建てられずにとんでもない修繕費用になるような事態が防げます。また新築を依頼した工務店に修繕も依頼できれば構造の分かった方々に頼めるので安心です。

注文住宅で自分の住宅を建てよう【新築一戸建ての基礎知識】

家

注文住宅を建てる時に気をつけること

注文住宅は予算と工期に折り合いがつけば自分の要望をどこまでも盛り込むことができます。通常は限りがあるのでどこかを調整することにはなるでしょう。それでもまずは希望をすべて出し切るようにします。願いが叶う反面、要望が何もないと話がなかなか進みません。可能なら要望に優先順位があると後の検討がしやすくなります。一戸建てを新築で建てる機会はそうそうあるものではありません。工務店によってはデザイナーさんやコンサルタントなどを入れて一つのチームを作ってくれます。慣れない部分は専門家に頼りながら慌てず着実に決めていくと失敗がありません。